夏の桧原湖ガイドの季節になりました。

8月の桧原湖

朝は涼しく、日中は暑く、夕方には夕立ちがある真夏らしい桧原湖。

その反面人も多くなりスモールの行動範囲が広く釣り難いのも事実。

シャローからディープまで散ったスモールを狙うのは試行錯誤が必要です。それにアジャストする快感は夏の桧原湖の醍醐味です。ガイドもハードルアー中心で回っています。ベイトを追い回すスモールのスクールにあたると実に楽しいくエキサイティングな展開になります。その反面、釣りに夢中になり日中の暑さを忘れると日射病、熱射病になりやすくなります。そうならないように水分補給や塩分補給を忘れないようにもしています。

シャローのスクリューパターン、虫系パターンやジャークベイト、ミノー、シャッドを使い分けてリアクションの釣り。

風のタイミングでシャロークランク、スピナーベイト。

ディープはフラット、ハンプをキャロ、ダウンショット、ラバージグの釣りになりそうです。

ラインも2ポンド、2,5ポンドのライトなセッティングが有効ですがラバージグ、ジャークベイトのベイトタックルにはフロロの10ポンドでもいいのですが…繊細と大胆。一日がアッと言う間に過ぎます(笑)。

なかなか画像がアナログなSHINGOなので…。

ゲストも納得の展開をしています。

是非、真夏の桧原湖を一緒にすごしませんか?