少し前になりますがJB桧原湖第一戦の思い出を

IMG_6759

SHINGOのユーチューブより(笑)

https://youtu.be/rRL9lTUqvCs

 

IMG_6704[1]

コメント

【エリア】

糠島裏のハードボトムの岬、温泉ワンドから目黒桟橋方面のハードボトム岬、京が森ハードボトム岬

【釣り方】

SHINGOスクリュー60でバスが沸くハードボトム岬を探して右往左往するバスの群れを釣る。

結果的にキャロがやりやすかったのでメインで使用しました。ガイドではSHINGOスクリュー55と小さいものを選択。

【タックル】

•1,8gのキャロにHMKLのコビー

•がまかつ ファインマスター5番オフセットフック

•ラグゼATS05のS71L

•2500番にZPIのダブルハンドル

•東レエクスレッド2,5ポンド

【タックル】

•SHINGOスクリュー55

•がまかつ トレブルRB10番

•ラグゼATS05のS70L

•2500番にZPIのダブルハンドル

•東レエクスレッド2,5ポンド

【これぞ】

アルファーサイトの偏光サングラス『老眼仕様2016年新作』

【コメント】

今年はSHINGO桧原湖ガイドプロガイドの意地を見せたく参戦しました。

宜しくお願いします。

ガイドではハードルアー中心(SHINGOスクリューシリーズ、SHINGOワンダーシリーズ、セミ系、虫系、シャッドにジャークベイト)のプランでゲスト様に感動と喜びを提供しております。

今回は、スポーニング直前な感じでしたのでまずはバスの群れを見つける事が重要。

それにはアルファサイトの偏光サングラスの中でも新モデル『老眼仕様』が老眼の私には最高のパフォーマンスを発揮する武器となりました。

「老眼かな?」と思われた方に遠近両用の偏光サングラスは必須アイテムです。

また、桧原湖ではHMKLのコビーは良い仕事をします。エビ、ハゼを好んで食べるバスには最高です。

キャロにはラグゼATS05のスモールマウスバス専用のS71Lと東レのエクスレッド2ポンド、2,5ポンドはガイドでも重宝しています。ご希望でワームをやりたいゲスト様と試合用のタックルは最高のパフォーマンスをします。

最後にSHINGOガイドサービスではプロ選手のガイド(レッスン)も承ります。

お立台に上りたい方は宜しくお願します。

 

こんな夢のあるSHINGOガイドサービスを是非ともご利用ください。