あっと言う間に桧原湖を覆っていた雪や氷が消えていってます。

例年だとゴールデンウィークあたりまで流氷の大小が浮いていても不思議でないのだが。

今年は暖冬の影響ですでに桧原湖でのバスフィッシングが開幕している。

とはいえ真冬のような環境では普通の人では無理であろう。

この寒さの中でのバスフィッシングも魅力はあるのですが私のガイドでは余程の要求がなければやらない方向でいます(注・勇者は募集します)。

ゴールデンウィークを過ぎる頃から少し慣れた中級者の開幕である。

冬の越冬場から徐々にバスが出てきてルアーに反応してきます。ディープレンジの特殊な釣りになります。しかし桧原湖のバスの動きは早く水温の上昇や日中の日差しで暖まれば「あれ?もうこんなところでも釣れるんだ」となりキャロやダウンショットの釣りとシャッド、ミノーの釣りが始まる。

そして一日一日と春は進み6月にはスポーニングを迎えて誰にでも楽しめる桧原湖になる。

今年も昨年同様なら様々な釣り方で数もサイズも楽しめる。しかし、年々バスのサイズが大きくなり賢くなっていく桧原湖のバス達は曲者となっていると私は予想します。これに挑むはバスフィッシングを嗜む者には魅惑である。

釣れ始める情報がネットで出てくると、一気に人が押し寄せてきてレンタルボートもプロガイドの予約も満杯になります(笑)。

なので早めにご予約して頂くのが最良ですので宜しくお願しますね。