6月中旬の桧原湖

朝は気温は11度前後から晴れれば20度前後ですが曇り、雨なら冬の寒さとなります。防寒対策も必要ですよ。

水位は満水からマイナス70cm前後と少しづつ下がってきています。

水温も16度前後とバスの活性は段々と上がってきています。ただ5月下旬からスポーニングをしたわりに釣り難い日も続きました。濁りもありバスの行動を見失うと辛い日となるでしょう。

ガイドでは、虫系ルアーやSHINGOスクリュー、SHINGOワンダーの表層で釣って頂くのでランガンスタイルでゲスト様と一丸となります。まるでスポーツフィッシングを体感できます。手首が痛くなりますがジャークベイトにも反応が出てきたので7月上旬までは遊べそうです

真逆な釣りになるかもしれませんがソフトルアーでテクニカルにアフター回復のバスを狙うのもいいかも。やっと2m前後にバスの個体が多くなりましたが、ベテランであれば4m前後のレンジのバスと遊ぶなら面白い時期になりました。まさにテクニカル。

またビックベイトも一日引き倒す勇気?根性?があれば思い出のバスに巡り合う確率は上がってきました。

テクニカルな釣りも豪快な釣りも面白いですよ。

 

風も穏やかで曇り空となれば渋かったバスの活性もビックリするほど上がります。ゲスト様も私もバス以上にテンションは上がります。この日は果たして何匹釣ったのか・・・。

カップルのガイドもお任せください。

お二人の仲が一層深まりますよ。

特に友達以上恋人未満の方は是非ご利用下さい。