6月の梅雨の桧原湖。

水温は18度から20度へ上昇し、水位も満水時から1m近く減水し、これからも減水していく。

雨の日は冬のように寒いのですが後半は温かくバスの活性は上がっていきています。

今は様々な釣り方で釣れる。また数を釣るのもサイズを追うことも可能な日が多い。ただ強風が吹くと話は別だが・・・。ガイド中も風に悩まされたり、多くの釣り人(ボートも陸っぱりも)に悩まされたりするものの皆様よく釣って頂いた。たぶん一日中ハードルアーを投げ倒し釣る経験は初めてかもしれない。無我夢中でキャスト&リトリーブをしているとスポーツをしている感覚になると思うます。

そうそう、希望があればソフトルアーの釣りも致します。一応トッププロなので(笑)どんな釣りもできます。

素晴らしい景観での釣りは格別です。

そして、7月の桧原湖は梅雨明けのタイミングですね。

基本的にシャローエリアにいたバス達は餌と減水と水温の関係から徐々にミドルディープ(5m前後)に落ちてワカサギにリンクを始めます。7月中旬ですと8m前後まで射程距離においています。

また、ロックエリアではエビ、ハゼについて落ちて適正な水温と餌を優先に行動していきます。

とは言ってもシャローから消える訳ではなく釣れます。虫系のトップの釣りやジャークベイトも面白いでしょう。ソフトルアーの釣りも手堅いので織り交ぜて攻めれば桧原湖は釣り人に優しいと思います。

ガイドを通して私なりにバスフィッシングを展開していますので初心者からプロの方まで対応し一日を思い出や感動があるようにプロデュースしております。

SHINGOガイドサービスを末永く宜しくお願いします。